花巻で農泊をしよう

ホーム English

花巻について

早池峰の風薫る 安らぎと活力にみちた
イーハトーブはなまき

花巻市は、岩手県のほぼ中央に位置し、
西側には奥羽山脈、東側には北上高地、市内の中心を北上川が流れ、
世界的に知られる宮沢賢治を輩出した地です。
賢治が「イーハトーブ」と名付けた大地では、稲作を中心に、
雑穀、野菜、果樹、畜産、花きなどの生産も盛んです。
また、日本三大杜氏のひとつ「南部杜氏の里」、
そして、日本のワインのトップブランドとしても活躍しています。
このような環境から花巻市は「グリーン・ツーリズム」に適した地域として、皆様をお迎え致します。

花巻市の特産品

米(商品名「銀河のしずく」「ひとめぼれ」)

北上平野や里山に広がる美しく広大な田園を有し、恵まれた自然ときれいな水、空気、寒暖の差が大きい内陸性の気候のもと、農薬を極力抑え、土づくりから丹精こめて育まれるJAいわて花巻のお米は、やさしい一杯のおいしさです。
平成28年秋デビューの岩手県オリジナル品種「銀河のしずく」は当JAが県内一の作付面積を誇っています。

ねぎ

出荷数量が5kgダンボールで23万ケース、県内産地で36%のシェアをもっています。
出荷時期は5〜12月でピークは9〜10月です。岩手のねぎを「やわら香」とネーミングして、有機肥料の栽培徹底を図っています。

雑穀

健康志向が強まる中、注目を浴びる雑穀。花巻は雑穀の作付面積日本一の雑穀王国です。ご飯に混ぜてよし、お菓子によし、使い方は様々。花巻の雑穀を食べてあなたも健康日本一。

りんどう

切花全体の取扱高の2/3を占める重要品目です。ピンク系が中心で半促成(ハウス)から露地栽培で5〜11月まで出荷されます。

りんご

りんごの産地である岩手の中でも、奥羽山系と北上高地に挟まれた花巻は、気候、土壌のいずれもりんご栽培の好適地といわれています。人気のふじをはじめ、ジョナゴールドや王林、きおうなど品種ごとの違いもお楽しみください。

和牛

花巻周辺の冷涼な空気と水により育てられた和牛は、県内外の一流レストランのシェフも認める一級品です。肉質のきめの細かさ、口の中でとろける美しい霜降り肉はステーキ、しゃぶしゃぶのいずれでもおいしくいただけます。

花巻市の4地域

花巻へのアクセス